筋トレに挫折した時に読む本【超筋トレが最強のソリューションである筋肉が人生を変える超科学的な理由】

健康

私は最近筋トレを始めて、最初の頃はやる気が出て続けていたんですけど…始めて2週間ぐらいになると、毎日の筋トレは辛くやる気がなかなかでなく、筋トレをやらなくなる日が1日、2日と日に日に多くなってきました。

そんな時に本屋で出会ったのがこちらの本でした!

  • タイトル 【超筋トレが最強のソリューションである筋肉が人生を変える超科学的な理由
  • 著者 Testosterone (学生時代は110キロに達する肥満児だったが、米国留学中に筋トレと出会い40キロ近いダイエットに成功する。自身の人生を大きく変えた筋トレという文化を日本に広めることをライフワークとしている。現在はとあるアジアの大都市で社長として働きつつ、正しい筋トレと栄養学の知識を日本に普及し社会貢献することに尽力している。)
  • 著者 久保孝文(スポーツ科学研究者。主にトレーニング動作の運動力学的特徴について研究している。testosteroneの「すこしでも多くの人に筋トレの価値を広めたい」という理念に賛同し、本企画に参加。)

読んだ感想は、“筋トレをすることで得られるメリットがこんなにもあったなんて知らなかった!”と同時に筋トレをしないと損しているなぁ~と思いました。そして、筋トレをやろう!という気持ちも出てきました。

これから筋トレを始めようと思っている方や私のようについついサボってしまう事が多くなってきた方!

筋トレで得られるメリットを知り、やる気を出し、一緒に筋トレを頑張っていきましょう!!

と、いう事で少しだけ内容を紹介していきます!

 

  • メンタルヘルス(精神面の健康)の向上

筋トレによりメンタルヘルスに悪影響を与える可能性が高い「焦燥感」「不安感」「慢性疼痛」「認知機能」「睡眠の質の低下」等についてポジティブに働く。

まだはっきりとは分かっていないが、筋トレをする事によって、3つの代表的なホルモンが分泌される事によりメンタルヘルスを向上させる効果があるそうです。その3つホルモンが…

  • テストステロン

骨や筋肉の強度維持。

動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防

やる気や闘争心の向上    など

  • セロトニン (幸せホルモンと呼ばれることもある)

心を落ち着かせる、安定させる

脳を最適な覚醒状態にする

痛みの調整をする     など

  • ドーパミン・βエンドルフィン・ノルアドレナリン

多幸感や気分の高揚、興奮   など

筋トレをする事により、寝不足や不健康から誘発される焦燥感が改善される可能性があるとされています。

また、筋トレは自分の限界に近い重さを用いるより、ある程度回数をこなせるちょうどいい重さのトレーニングのほうが焦燥感を取り除く効果が高いです。

 

  • 筋トレは加齢による運動機能の低下や疾患を予防する

現在加齢による疾患として社会問題になりつつあるあるのがサルコペニア

※サルコペニア:加齢に伴う筋量や筋力の減少のことを指します。

サルコペニアが進行し、活動レベルが低下すると転倒し、骨を折るというような事態が起きやすくなります。

高齢者の骨折は寝たきり状態に繋がり、それによって認知症を含むさまざまな疾患に繋がってしまうので、そのような負のスパイラルに陥らない為にも高齢者も筋トレをする事が重要というわけです!

筋トレをするには遅すぎるということはなく、2016年米国にて、60歳前後の男女に筋トレを行わせたところ、10週間で平均7~8%もの筋量の増加が確認されたそうです。

また、筋トレは筋肉以外にもにも効果がある

加齢に伴い、筋力、筋量だけではなく、骨量も低下します。しかし、論文によりますと平均年齢44歳の男性を対象に筋トレまたは、ジャンプトレーニングを12ヶ月にわたりやってもらったところ、スクレロスチンという骨形成を阻害するたんぱく質が減少し、逆に骨形成を促すIGF‐1(インスリン様成長因子)の分泌が増加することが明らかになりなったそうです。

他にも脳のアンチエイジングにも効果がある!

筋トレにより認知機能の維持向上される。(認知機能とは何かを知覚、判断、決定する能力の総称)

運動をすると脳がリフレッシュして活性化される感覚は皆さんも体感したことありませんか?

2003年の研究によると、有酸素運動にプラスして筋トレを行うと、単体で有酸素運動を行った場合よりも認知機能に対する効果が高い事が明らかになりました。さらに、2009年の研究によると筋トレを行った後に高齢者の記憶力が向上することも報告されています。

筋トレは若い人達だけではなく、老若男女全ての人が健康の為にもやった方が良いことです。若い人でも筋肉を使わなければ減っていくので、継続的に運動をする習慣をつけて欲しいです。

 

  • 正しい筋トレにより異性が理想とするカラダを作ることができる

ニューカッスル大学のクロっセリー教授のグループが「魅力的な体とは?」をテーマにした研究によると…

  • 女性の方が理想とする女性の体形と男性の方が理想とする女性の体形ほぼ同じです。
  • 逆もまた然りで、女性の方が理想とする男性の体形男性の方が理想とする男性の体形ほぼ同じという結果になりました。

なので、自分が理想とする体型になれるように努力すれば異性からモテやすくなります。

また著者は、

筋トレをする事により、太っている、瘦せすぎている等の身体的なコンプレックスが解消される事で、自尊心が向上したり、自信がついて異性に対する積極性がうまれ恋愛にもプラスになる

筋トレでストレスを解消しているので普段は穏やかで精神が安定している

等、筋トレをする事で、精神面でもモテる事に有利にはたらくとおっしゃっています!

それに、先ほど紹介したテストステロンモテホルモンと呼れるほど男性が女性を惹きつける為に、最も重要なホルモンなので、モテたい方は筋トレがオススメです!

また、テストステロンの分泌によって、自信と集中力が高まる効果があり、英ケンブリッジ大の研究チームによると“金融関係のトレーダーは男性ホルモンのテストステロンの濃度が高い時ほど好成績を挙げている”という報告がされています。

この部分を読み、私は短期投資はしていませんが、株式投資をしており、銘柄選びの際や買う時、売る時など、迷う場面が何回もあるのでテストステロンを上げて少しでもいい成績を出そうと思いました。

 

  • 筋トレ+有酸素が最強のダイエット法

巷には沢山のダイエット情報があふれており、結局何をやればいいのかわからない、という人が多いと思います。

目的別ダイエット法

1.単純に体重減少を目指している方は、有酸素運動及び有酸素運動&筋トレの組み合わせが効果的。

2.体脂肪率や体脂肪を減らしつつ、ウエストを引き締めたい方は、有酸素運動&筋トレの組み合わせが効果的

3.筋肉大が目的の方は、筋トレ単体が効果的

4.筋肉をつけずに体重を落としたい方は、有酸素運動が効果的

この本によると、自分がどんな体を理想としているかによってダイエットのやり方を決めた方がいいそうです。

また、健康的に美しく体重を落とすには、筋肉量の維持が重要!で、ダイエットの目的は“体重計のメモリを減らすことではなく理想の体型を手に入れる事”で体重だけ気にしていては理想の体は手に入らないとおっしゃっています!

私は、↑の言葉に痺れました!!

確かに、体重を落とすことに必死になり過ぎ、食べる事が悪い事と思い込んで拒食症になってしまう方が結構いますもんね。なので、体重を落とすだけの無理なダイエットではなく理想の体型になる為のダイエットを心掛けるようにしていきます!

どうですか?皆さん!ここまで紹介した事だけでも筋トレにはメリットがいっぱいあることが伝わったと思います。紹介したもの以外にもこの本には、たくさんのメリットが紹介されております。

筋トレをしていない方でこのブログを読まれた方はぜひ筋トレを始めてください!!

そして筋トレで得られるメリットをもっと知りたいと思うようになった方は、是非1度読んでみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました