自然豊かで気分転換にピッタリ! 「鬼滅の刃」の聖地としても人気な岐阜県【鬼岩公園】

上からの写真岐阜県

今回は、自然豊かでハイキングに丁度良く、人気アニメの「鬼滅の刃」の主人公竈門炭治郎(かまどたんじろう)が一刀両断した岩とよく似た岩があるとしてひそかに聖地にもなっている、岐阜県瑞浪市にある【鬼岩公園】について紹介していきます!

 

鬼岩公園について

 

飛騨木曽川国定公園の一角を占め、花崗岩の巨岩や奇岩が魅力的かつ、その岩々の上から見る事ができる大パノラマはまさに絶景です。春には桜、初夏のツツジ、夏の新緑、秋の紅葉と四季を通じて自然を満喫することも出来るのも魅力の1つです。

そんな魅力溢れる鬼岩公園ですが、名前に鬼という字が入っていることもあり、少し怖いなぁ~と感じた人もいると思います。

名前の由来

それでは、なぜこのような名前になったのか説明していくと・・・

およそ800年ほど昔、この岩山に関の太郎という鬼人が住んでおり、近くの村の住民や東山道を山越えする旅人に悪行の限りを尽くしてたので、後白河法皇の命を受けた纐纈源吾(こうけつげんご)により誅伐(ちゅうばつ)されました。その際、これまでの非を悔い改め、善鬼と化して魔除けの仏になったという伝説が鬼岩の名の由来となっております。

 

鬼岩公園の魅力

 

鬼岩公園の魅力は先ほども紹介しましたように、巨岩や奇岩、頂上付近にある岩の上から見る大パノラマになります!

それぞれ紹介していきます。

岩穴くぐり

 

長さ110m、およそ10分ほどかけ、巨大な岩と岩の隙間を探検することも出来ます。

受付で1人500円を払い、ヘルメットを貸し出してくれるのでそれを着用し、インストラクター1人と一緒にくぐります

インストラクター方岩穴くぐりの様子岩穴くぐりの様子

入口から狭くなっており、こんな狭い所進んで行くの!?と思いましたが、潜ってみると探検している感覚になり楽しいです!(笑)

もし、訪れて岩穴くぐりが開催されており出来るようなら参加してみて下さい!幼い頃の記憶が蘇ってワクワクとした気分になると思います。

岩穴くぐりが開催されている場合は、所々に看板が立っております。

想像していたよりも狭い場所を歩くため、中腰での移動が多く、頭など体の一部が岩にあたる事もありますので、参加しようとお考えの方は、服装や履き物に気を付けてください。閉所恐怖症の方や腰痛持ちの方は辞めておいた方がいいかもしれません…。(スカートを履いてくると途中で梯子を昇ったりもするので、後ろの方に丸見えになってしまいますので必ずズボンで参加してください。)

 

岩穴くぐりは、毎日開催していませんので注意してください

鬼の一刀岩

 

頂上付近には「鬼滅の刃」の第3話で主人公の炭治郎が鬼殺隊入隊を目指すべく、訓練をしますが、その訓練の最終試験の課題は強大な岩を刀で切る事。その強大な岩を見事に切った岩に似ており、ワンシーンを思い出すことから鬼滅ファンの方々多く訪れているそうです。

 

蓮華岩の上から見た写真間近で見た写真

 

間近で見た見た岩はあまり似ていないな~と思いますが、蓮華岩の上から見下ろすと、「鬼滅の刃」に出てくる岩にそっくりで驚きました!(笑)

奈良県にも上記のように「鬼滅の刃」に登場する岩に似ている岩があるとSNSで見かけたので数年前に奈良観光のついでに寄って見てきましたが、どちらも似ていると思いました。(奈良県の方は、近くに駐車場が無いのがちょっと不便だと思いました。)

 

大パノラマ

 

蓮華岩からみる景色はまさに絶景!!

この景色をみると一瞬疲れが吹っ飛び、リフレッシュした感覚になります!!

 

最後に

 

感想

丁度いい運動量で気分転換にもなり、蓮華岩からみる大パノラマはぜひ皆さんにも一度は見て欲しい絶景です!

鬼滅ファンの方や気分をリフレッシュさせるために運動したい方にはオススメなスポットになりますので、よければ訪れてみて下さい!

 

駐車場

公園内には駐車場がありません。

近くに道の駅らしき「鬼岩ドライブイン」がありますので、こちらを利用してください。料金は無料になります。

 

3つのコースがある

鬼岩公園には3つのコースがあり、私は行きが渓谷・岩巡りコース。帰りは蓮華岩・烏帽子岩巡りコースになります。

公園内の地図はネットでも見れますし、現地や鬼岩ドライブインにも置いてありますので、興味が出た方は、みて下さいね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました