京都観光 日本の良さを堪能できるスポット【銀閣寺】(東山慈照寺)

京都府
この記事は約3分で読めます。

京都市左京区にあるお寺で世界遺産に登録されている「銀閣寺」(東山慈照寺)の見所等について紹介していきます!

見所

 

銀閣寺の見所は、観音殿銀閣、銀閣寺垣、向月台と銀沙灘等たくさんあります

小学生の頃は銀閣寺よりも金閣寺の方が金箔が貼ってあり、華やかで美しく好きでした。

しかし大人になると銀閣寺の方が、わびさびがあり、時がゆっくり流れている感じを味わえるので好きです。そんな銀閣寺の見所を紹介したいと思います!

 

銀閣寺垣

 

まず最初に受付まで長さ50mの参道があり、参道に沿って左側に「銀閣寺垣」と呼ばれる生け垣があります。

銀閣時垣は下から石垣、竹垣、椿の生け垣と三段構成になっており、かなりの高さがあって受付までの道も楽しめます。

銀閣寺垣

受付を終え少し歩くと方丈等の建物があり、さらに進むと観音殿が見えてきます。

観音殿の前には向月台や銀沙灘があります。ここまでくるとようやく銀閣寺に来たって事を実感できます。

 

銀沙灘(ぎんしゃだん)

 

白砂を高さ66cmまで盛り上げて造られています!

月の光を反射させるために設備されたといわれています。

銀沙灘(ぎんしゃだん)

 

向月台(こうげつだい)

 

高さは180cmもあり、手入れも毎日されているそうです!

向月台

銀沙灘や向月台は白砂で出来ており、綺麗で神秘的で、この二つと庭園(池泉回遊式庭園)があるから銀閣が地味なだけではなく、わびさびを感じられる建築物になれたと思います。向月台は、形が綺麗すぎてプリンにしか見えませんでしたけど…ね(笑)。

 

展望所

 

展望所があり、上から銀閣寺の境内を見る事が出来ます。

上からみるとまた違った銀閣を楽しめると思います。写真はありませんがここから「被爆アオギリ」を見る事が出来ます。広島の爆心地から1.3kmのところで被爆したアオギリが生きていて平和公園に植樹され、その子孫の苗木を「核兵器の廃絶と真の平和」を願って植えたそうです。

 

拝観料

 

高校生以上500円、小・中学生300円、小学生未満は無料です。

 

駐車場

 

無料駐車場がないので近くのコインパーキング等の有料駐車場を利用してください。

銀閣寺近くには店が多く観光客が多い(修学旅行中の小・中学生が特に多い)為運転には十分に気をつけてください

 

御朱印

 

御朱印を頂きたい時は、拝観受付の近くにある御朱印授与所で頂けます。(朱印所と書いてあるのでわかりやすいと思います)

受付を終えて入り口をくぐり、拝観する前に御朱印帳を預けてから拝観し、最後に受け取るようにしましょう。

銀閣寺周辺にはたくさんのお店があり銀閣寺に行った記念にアイスを食べました!

右2つ金:左2つ銀

最初にいっておきますが、私1人で4つ食べたわけではありません(笑)。友人と行ったのでアイスは4つあります。

動画や写真で撮れるように目の前で定員さんがクリームの上に金箔や銀箔を貼ってくれます!金箔の方が値段少し高く、最初買う時どっちにしようか悩んで、せっかく銀閣寺行ったから銀箔にしようかなって思ったんですけど、金箔の方が神々しいので金箔の方にしました(笑)

味の方は、金箔は味しないので普通のアイスの味でしたが甘くて美味しかったです!銀閣寺を廻った体には丁度いい糖分補給になりました(笑)



コメント

タイトルとURLをコピーしました